沿革

明治4年 1871 8代目奥村嘉蔵、「阿波藍売買の自由化」を契機に関東市場に進出、肥料の取り扱い開始。
明治6年 1873 維新後商号をやまか奥村嘉蔵商店とし、支店を東京隅田川問屋街深川に開設。
「阿波藍」の販売を開始。
明治10年 奥村嘉蔵商店
明治10年 奥村嘉蔵商店
明治26年 1893 肥料部・雑穀部を併設。
米穀・大豆・魚粕・満州大豆粕の販売、特に品質を厳選、秤量し合格したものだけに青印をし、やまかの「青引き大豆粕」として販売。
関東・東北で往時名声をとどろかす。
大正元年 奥村嘉蔵商店
大正元年 奥村嘉蔵商店
大正13年 1924 東京肥料問屋組合第四代頭取に当店支配人内山形郎就任し、業界、組合の為、種々貢献する。
昭和10年 奥村嘉蔵商店
昭和10年 奥村嘉蔵商店
昭和20年 1945 戦時中統制のため営業休止、戦災のため社屋を全焼。
昭和20年 奥村嘉蔵商店
昭和20年 奥村嘉蔵商店
昭和22年 1947 徳島で奥村商店営業再開。
昭和25年 1950 肥料取扱いを再開。
これを機に本社を徳島から東京に移転。
「株式会社奥村商店」として再出発。
奥村武夫が初代社長に就任。
昭和30年 1955 本社ビル建設
昭和36年 1962 三井リッチ配合肥料販売。
関東・東北・山静地区販売開始。
昭和44年 1969 商号「株式会社奥村商店」を「奥村商事株式会社」に変更。
佐野源三が二代目社長に就任。
昭和46年 1971 創業100周年を迎え、記念式典を開催。又、三井リッチ配合肥料発売10周年記念全国特約店会議を開催。
昭和53年 1978 マンション「オクムラハイツ」を建設。
昭和57年 1982 保健食品および家庭園芸、緑化資材の販売を開始、「物資部」を新設。
昭和60年 1985 種子・農業資材販売開始。
昭和62年 1987 徳島営業所藍住町に移転。奥村会長所有の建造物13棟(藍の館)を藍住町へ寄贈。
昭和62年 徳島営業所藍住町に移転。奥村会長所有の建造物13棟「藍の館」を藍住町へ寄贈。
昭和62年 徳島営業所藍住町に移転。
奥村会長所有の建造物13棟「藍の館」を藍住町へ寄贈。
昭和63年 1988 釧路工場開設(北洋興産株式会社製造委託)
平成元年 1989 代表取締役社長佐野源三、農業振興寄与に依り叙勲。徳島営業所売店(藍屋敷おくむら)開設。
平成元年 徳島藍住町に藍屋敷おくむら開設。
平成元年 徳島藍住町に藍屋敷おくむら開設。
平成2年 1990 千葉工場開設(昭光通商株式会社製造委託)
平成3年 1991 ナガオカ配合肥料(タキイ種苗全国ルート専用銘柄)製造開始。
平成4年 1992 奥村正明が三代目社長に就任。
平成11年 1999 関係会社・関東肥料株式会社は兼松アグリ株式会社と製造会社・株式会社ケーツーを埼玉県久喜市に設立し、有機肥料配合肥料の製造を委託。
平成12年 2000 旧関東肥料跡地(1,100坪)にてジャパン・アグリビジネス運営の大型園芸店ガーネット岩槻店開店。
平成12年 ジャパン・アグリビジネス運営の大型園芸店ガーネット岩槻店
平成12年 ジャパン・アグリビジネス運営の大型園芸店ガーネット岩槻店
平成13年 2001 創業130年、会社設立50周年記念事業の一環として、社内オンラインによる業務システムを構築。
平成16年 2004 徳島営業所 藍屋敷おくむら脇町うだつ店開店。
平成16年 徳島営業所 藍屋敷おくむら脇町うだつ店開店。
平成16年 徳島営業所 藍屋敷おくむら脇町うだつ店開店。
平成19年 2007 奥村友三が四代目社長に就任。
平成21年 2009 マンション「アグリパーク深川」を建設。
平成21年 マンション「アグリパーク深川」を建設。
平成21年 マンション「アグリパーク深川」を建設。
平成22年 2010 阿波藍染めオンラインショップ「ネット藍」開設。
URL:http://aizome-tokushima.jp/
平成23年 2011 農産物直売所「ふれ藍の里」を徳島県藍住町に開設。
平成23年 農産物直売所「ふれ藍の里」を徳島県藍住町に開設。
平成23年 農産物直売所「ふれ藍の里」を徳島県藍住町に開設。
平成23年 2011 組織機構改革にて肥料部営業課とアグリフード課を設立。
平成23年 2011 農業生産法人 株式会社JABファーム設立し農業事業に参入
平成24年 2012 株式会社前川製作所が開発した植物共生細菌「エンドファイト」 商品名「イネファイター」の製品総販売元(北海道除く)となる。
平成24年 2012 創業140周年記念「感謝の会」を東武ホテルレバント東京で開催
平成25年 2013 ガーネット岩槻店の店舗業務を停止し、アグリフード課の活動拠点として再稼働
平成26年 2014 徳島営業所 藍屋敷おくむら脇町うだつ店閉店