微生物資材

主に田畑の土壌改良効果、病害虫の軽減、堆肥化の促進など資材によって望まれる効果は様々だが、多くの商品が単一の効果ではなく複合的な効果を目的としている。
土壌中で効果を発揮する資材、植物体内で効果を発揮する資材など、効果を発揮する場所も様々である。

株式会社前川製作所 イネファイター
イネファイター
イネファイターは、免疫機能を活性化させる植物体内共生微生物(エンドファイト)、植物プロバイオティクスです。 イネ自身がもつ免疫機能を高め、定植時の「植え痛み」を低減させるなど、元気なイネに育てることが可能です。 イネの植物体内で自立的に増殖する天然由来の共生細菌なので、環境にやさしく安全です。 また、お米の増収が期待され、熱い視線が寄せられています


株式会社松本微生物研究所 オーレスG
オーレスG
微生物土壌改良材です。①連作障害抑制②作物生育促進に貢献します。
細菌・放線菌・酵母などの農業用有用微生物(オーレス菌)に加え、オーレス菌の定着・増殖を促す良質の有機物を配合している微生物土壌改良材です。
土壌中の微生物相を改良・安定化し、病原菌類の活動抑制にも役立ちます。
有用微生物の働きで、土壌の団粒化、肥料の可給態化にも貢献します。
使用量は10a当り60kg~90kgです。
良質堆肥(10a当り1トン以上)と併用します。
種菌として使用すれば、有用微生物が豊富なボカシ肥料を作ることができます。
太陽熱・土中還元・農薬などによる土壌消毒後は、菌密度が低下しています。
有害菌の復活・優勢化による土壌の再汚染を予防したり、消毒の持続効果を高めるために「オーレスG」の施用は効果的です。
ハクサイ黄化病対策試験(発病軽減効果が認められた)を踏まえ、長野県施肥改善協議会から農業用普及微生物資材に認定されています。 光オーレスとの併用は更に効果的です。


株式会社松本微生物研究所 オーレスPSB
オーレスPSB
光合成細菌配合微生物資材です。
豊富に含まれている活性の高い光合成細菌が、根圏に蓄積し、根に障害(根腐れ、活着不良)を与える有害物質(硫化水素、低級脂肪酸、アミン)をエサとして増殖するため、根回りの環境が良化、作物の健全生育が促進されます。
光合成細菌の菌体成分(核酸・アミノ酸)は、花芽形成・着粒・登熟および生育を促進します。
バチルスは、光合成細菌の共生菌として、光合成細菌の働きを助けます。
水稲の場合、1回に10a当り1Lを、田植え時に希釈して苗に散布、あるいは代掻き時、出穂30~40日前、ガスわきの激しい時に水口から流し込むか、動噴などで圃場全面に散布します。
レンコンの場合は、1回に10a当り5Lを植え付け時、ガスわきの激しい時に,水口から流し込むか、動噴などで圃場全面に散布します。
施用試験で水稲の収量向上効果などが確認され、長野県施肥改善協議会から農業用普及微生物資材に認定されています。


株式会社松本微生物研究所 光オーレス
光オーレス
作物の品質向上に役立つ微生物土壌改良材です。
光合成細菌が作り出す色素成分・菌体成分が主な成分です。
(1)色素成分が根から吸収され、果実や花の着色を促進
(2)核酸・アミノ酸代謝を促進、糖度を増加
(3)日持ちを向上
(4)根の活力を高め、根腐れを防止―などに効果が期待されます。
元肥施用時に、圃場にすきこみます。
使用量は10a当り60kg~90kgが目安です。 オーレスGとの併用は更に効果的です。


株式会社松本微生物研究所 光オーレス液
光オーレス液
作物の品質向上に役立つ微生物土壌改良材です。光合成細菌が作り出す色素成分・菌体成分が主な成分です。
(1)色素成分が根から吸収され、果実や花の着色を促進
(2)核酸・アミノ酸代謝を促進、糖度を増加
(3)日持ちを向上
4)根の活力を高め、根腐れを防止―などに効果が期待されます。果菜の場合、株元に追肥的に潅注します。
使用量は1回10a当り2Lです。
最初の果実が肥大し始める頃に1回目、以後2週間に1回ぐらい500~2,000倍に希釈して土壌潅注します。


株式会社松本微生物研究所 オーレスC
オーレスC
とくに難分解性繊維質を分解する能力が高い好気性微生物を配合している有機物分解促進微生物材です。
堆肥づくり、水田の稲ワラ分解促進などに使用します。
・堆肥づくりでは、乾燥原料1トンに20kg混合が使用量の目安です。水分・酸素(空気)、温度など配合微生物が働きやすい条件作りを行ってください。分解を早め、良質な堆肥づくりに貢献します。植物生育阻害物質の分解にも役立ちます。
・水田の稲ワラの腐熟を促進、ガスわきを予防します。10a当り10kgを散布し鋤きこみます。
・ハウス内に鋤きこむ稲ワラなど粗大有機物の発酵を促進します。
土壌に鋤きこむ際に10a当り20kgを同量の米ヌカ・鶏糞と混ぜ散布、散水後に鋤きこみます。


株式会社松本微生物研究所 エコバイオティクス根健 果樹用
エコバイオティクス根健 果樹用
果樹の連作障害抑制用に関西電力(株)、(株)環境総合テクノス、(株)松本微生物研究所が共同開発した微生物土壌改良資材です。
有用土壌微生物とアーバスキュラー菌根菌を、木質炭化物など果樹の発根を促進する効果がある土壌改良材に保持させています。
果樹苗の定植時(新規、改植)に、植穴に施用(1本当り9L)し、根回りの微生物相を改善、病気にかかりにくい果樹の生育に貢献します。
とくに連作障害発生圃場での改植時の使用が効果的です。